東京都文京区の整体院、接骨院、カイロプラクティック

ストレートネックの原因は喉の筋肉!?ひとりで簡単に出来る首コリ解消法

喉の筋肉=胸鎖乳突筋

スマホやパソコン仕事のし過ぎでスマホ首やストレートネックで悩む方が増えていますが、
原因となる、喉の筋肉を意識されることはほとんどありません。

スマホ首やストレートネックの時にカチカチに硬くなっているのが喉の筋肉。

喉の筋肉は胸鎖乳突筋と言われる筋肉で耳の後ろから鎖骨の方までつながり、首を支える重要な筋肉です。

頭は人間の部位の中でも特に重たく、体重の10%ほどの重さがあるといわれています。
スマホやパソコン仕事などで長時間頭を下げ続けると頭の重さで、喉の筋肉が縮んで硬くなります。

喉の筋肉が縮んでカチコチになると、首コリだけでなく肩コリ、背中の痛みとつながっていくので日頃のケアが重要です。

この記事では日常生活で取り入れられる喉の筋肉のケア方法などについて解説していきます。

スマホ首・ストレートネックという現代病

スマホ首やストレートネックで悩む方は右肩上がりで増えています。
人体の構造的にスマホやパソコンをしていなくても、コリは発生します。

そのコリを助長するのが、スマホやパソコンの長時間の使用です。
私たちの生活に密着しているものなので、使わないわけにはいかないので、なるべく負担がかからない姿勢やセルフケアを十分にしてあげる必要があります。

なぜ喉の筋肉が縮んでカチカチになると首・肩・背中が痛むのか?

人体には「正常な状態」があり、その状態を維持しようとします。

首が前に倒れた前傾姿勢が続くと、喉の筋肉である胸鎖乳突筋が縮みこみ、疲労しカチカチに硬くなります。

ここで、前傾状態を「正常に戻す力=首を後ろに戻す力」が発生します。

首を前に引っ張る力と、後ろに引き戻そうという力で「つな引き」が行われます。こうなることにより、首の筋肉が疲労して首コリになります。

首コリが発生すると、僧帽筋という肩・背中周りの筋肉が疲労し肩コリ、背中コリへとつながります。

喉の筋肉自体が痛むことはありませんが、喉の筋肉が縮むことによって影響を受けた筋肉が疲労し、その結果、首、肩、背中に痛みが発生してしまいます。

例えば、喉の筋肉が根本原因で肩コリが発生している場合には肩をいくらほぐしても治りません。
この場合には、喉の筋肉を緩める必要があります。

喉の筋肉を簡単にやわらかくする方法

タオル枕

日常生活を送っているだけで筋肉はコリます。
筋肉のコリを解消してくれるのが、睡眠や入浴です。

睡眠時に喉の筋肉のコリを和らげるために、おすすめの方法が小石川整骨院式タオル枕です。

タオル枕に首を置くだけで、喉の筋肉のコリをほぐしてくれます。

通常の枕だとくびの状態にあわせて変形することが難しい場合がありますが、タオル枕はその人の首の状態にあわせて変形します。

縮んでカチカチになっている喉の筋肉を寝るだけでストレッチしてくれるのです。
しかも、寝ている間はずっとです。

首にとって理想的なS字カーブを取り戻す手助けをしてくれます。

作り方はこちらの記事を参考にしてください。

首に痛みがある方は必見!オーダーメイド枕を作る前に試してほしい「小石川整骨院オリジナル・タオル枕」

タオル枕を使う上で必要な条件

見落とされがちなことですが、タオル枕を有効活用するのに必要なことは仰向けで寝ることです。
横向きで寝てしまうと、何も効果はありません。

しかし、仰向けで寝ようと思っても寝れない場合があります。
それは、腰の筋肉が硬くなっている場合です。

横向きで寝る方が楽であったり、仰向けで寝ても自然と横向きになってしまうという方はほぼ例外なく、腰の筋肉が硬くなっています。

喉の筋肉と同様に、座り過ぎなどで腰の筋肉はカチカチに硬くなります。

こうなると前傾の力が働くので、それを正常に戻そうと腰の筋肉が後ろに引き戻そうとして疲労が発生し、腰痛として意識にのぼってきます。

この状態になってしまうと、仰向けに寝ても腰が反ってしまい痛むのでそのままの姿勢で眠ることが困難になってしまいます。

セルフケアで首コリ、肩コリ、背中の痛みが治らない場合には

「タオル枕で眠りたいけど。仰向けで眠れない」
このような場合には、首の痛みを取り去る前に、腰を柔らかくして仰向けで眠れるようにする必要があります。

「腰は痛くなく、タオル枕で寝ているのに回復しない」

このような場合には、首のコリが寝ているだけでは回復しないほど重度になっている可能性や普段の生活習慣に大きな問題があることなどが考えられます。

首、肩、背中、腰・・・・患者さんそれぞれで痛みの原因は異なるので、根本原因を見つけ出し的確に治療行うことが重要です。

当院では、整体術、カイロプラクティックや生理学、テーピング理論などの研究を重ねて開発した独自の治療法で深層の筋肉を緩めます。
施術は痛みがまったくなく、体に負担がない優しい治療法です。

根本原因を見極めて、治療を行っていることから、どこに行っても治らなかった重症の方が多く来院いただいています。
オンライン予約も受け付けています。重たい症状で悩んでいる方はぜひご来院ください。

初診の方へ、料金とオンライン予約について

治療内容のご案内

まとめ

  • スマホやパソコンの利用は喉の筋肉を縮こませ硬くなり、首コリが発生する。
  • 喉の筋肉をストレッチするにはタオル枕が効果的。寝ているだけでコリを緩めてくれる。
  • タオル枕は仰向けで眠れないと効果がでない。仰向けで眠れない場合には腰の筋肉が硬くなっているため、腰の筋肉を施術で緩める必要がある。
この記事を書いたのは
嶋 秀和

自らの格闘技経験や怪我を通して身体の構造の研究を行いながら、数多くの治療の勉強会に参加。常に新しい可能性を見つけ進化をつづける独自の治療法を実践している。

スタッフ紹介をみる