東京都文京区の整体院、接骨院、カイロプラクティック

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは?

腱鞘炎という言葉は聞いたことがあっても、「炎症を起こしている、腱鞘とは何か?」と聞かれても答えられる人は少ないかもしれません。腱鞘はトンネルをイメージすると分かり易くなります。骨と筋肉をつなぐ腱がトンネルのような腱鞘の中を通る事によって腕や指などが動きます。
本来は人が指や手を動かす時、腱鞘の中を腱が引っ掛かる事なく、滑らかに動きます。しかし、スポーツや仕事などで使い過ぎたりすると腱は炎症を起こしてしまいます。腱鞘炎が発生する部位によって、病名が異なります。バネ指は指の腱鞘炎、手首の腱鞘炎はドケルバン病です。肘の内側にできる炎症は上腕骨内側上顆炎といい、別名ゴルフ肘。逆に、肘の外側に炎症が発生すると、上腕骨外側上顆炎といい、別名テニス肘といわれます。

スマホやPCの使い過ぎが腱鞘炎のもとに

スマホやPCの利用と腱鞘炎の関係

使い過ぎ(オーバーユース)が腱鞘炎の主な原因です。最近だと、スマホの使い過ぎやPCの使い過ぎによって腱鞘炎になった患者さんが多くいらっしゃいます。スマホを片手で操作するとき、親指は大活躍しています。左手でスマホを持っている時には、一番左から一番右まで親指は大移動を重ねます。そして追い打ちをかけるように、最近のスマホは大画面化してきていますので、親指の移動距離ものびています。
また、PCの操作でも親指でスペースキーを叩くように配列ができています。キータッチを繰り返す事によって腱鞘の中を腱が何度も行き来しますので、それだけ疲労が蓄積されていきます。スマホやPCと同様にスポーツで同じ動作を繰り返していると、腱鞘炎が発生する要因となります。

ホルモンバランスの崩れが腱鞘炎の原因になることも

ホルモンバランスの崩れと腱鞘炎の関係腱鞘炎は男性より、女性の方が発症し易い病気です。その一因といわれているのが、ホルモンバランスの崩れ。エストロゲンという女性ホルモンは腱の動きを滑らかに保つ役割がありますが、出産や月経などがあると、女性ホルモンが急降下してしまいます。女性ホルモンの急降下とともに、痛みを感じ易くなることが多くあります。

腱鞘炎の回復には血流の改善が重要

人体の構造上、怪我が治る過程で炎症は必ず発生します。炎症は傷ついた細胞を修復したり、不要なものを取り除いたりしています。
修復に必要な材料や炎症物質を運ぶのは血流なので腱鞘炎を治すには血流改善が必須です。なかなか治らない方の多くは全身の血流が低下しています。そのような場合でも、指や手、腕など患部への直接の施術だけでなく、身体全体の血流を良くすることで早く治す事ができます。

血流を良くする鍵は、腰の一番奥の筋肉=腸腰筋

身体の血流を良くする場合、一番重要な筋肉は腰の一番奥の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)です。腸腰筋は座り過ぎなどによって、縮みこみやすい筋肉です。
腸腰筋の縮こまりと血流の悪化のメカニズムを解説します。

骨盤前傾のメカニズム

  • 1.デスクワークなどの「座り過ぎ」の生活習慣が、腰の一番奥の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)の縮みこみを生みます
  • 2.腸腰筋が縮む事によって、前方への力を発生させます。
  • 3.人の身体はバランスを保つようにできています。前かがみの力に逆らって後ろに引き戻そうとします。この時に、脊柱起立筋が全力で後ろに引き戻そうとするので腰が疲労し、腰痛を発生させます。
  • 4.前方への力によって、太ももの筋肉=大腿四頭筋(だいたいしとうきん)に過負荷がかかり、骨盤が前傾します。いわゆる骨盤の歪みです。
  • 5.同じく前方の力により、背中が丸まり、首が前方に突き出してきます。症状としてはそれぞれ、猫背・ストレートネックです。
  • 6.首が前方に突き出しや、背中が丸まる事により肩により大きな負荷がかかり肩こりを発生させます。

上記の状態の総称を「反り腰」といいます。
全ては生活習慣によって縮まってしまった腸腰筋が一番はじめのきっかけとなります。
反り腰は神経を圧迫し、全身の血流が滞るため、全身に悪影響を及ぼします。

腰の痛みが腱鞘炎の回復を遅らせる

腸腰筋が縮まる事でもう1つの弊害があります。それは睡眠による回復機能が鈍る事です。
肩こりの自覚症状をお持ちならば、仰向けの姿勢で寝ると、背中が浮いていませんか?これは腸腰筋が緊張している事によって背中とベッドなどの間に隙間ができている状態です。

隙間ができている状態では、痛みが出るので仰向けで寝る事が困難になってきます。 仰向けの姿勢で寝る事ができると、血流が阻害されず回復力は最高の状態になりますが、横向きだと座っている状態と同じになり、腸腰筋の緊張を助長する事になり、全身の血流が悪化します。 また、横向きの寝姿勢は肘、肩が体重で押しつぶされている状態で患部の血流がダイレクトに悪化してしまいます。

「腰痛の際には、横向きでクッションを挟んで寝てください」そんなアドバイスを受けた事がある方も多いかもしれません。小石川整骨院でもそのようにアドバイスしていますが、あくまでも「腰痛の時だけ」です。 激しい腰痛で腰が浮いる時に横向きで眠るのはしょうがないですが、腸腰筋の縮こまりを助長しますので、治療を受けて仰向けで眠れるようにしましょう。

他院で治らなかった患者さんの特徴

  • 腰に痛みがある
  • 患部に対する施術だけだった
  • 施術を受けた時には一時的に良くなったが、すぐに悪化していた

小石川整骨院の治療法

小石川整骨院では、痛みが出ている部分だけを施術する事はありません。なぜなら、痛みが出ている部位は原因ではなく、結果であることがほとんどだからです。
根本原因を解決しないと痛みは消え去りません。
小石川整骨院では、根本原因となる部位への施術と生活習慣のアドバイスを通して、根本治療を行います。

腱鞘炎の根本原因となる部位の特定と施術

腱鞘炎であれば、指や手への施術だけでは完治しません。
身体全体の血流を改善しないと、すぐに痛みがぶり返してしまいます。

身体全体の血流を改善するのに重要なのは、腰の一番奥の筋肉である腸腰筋(ちょうようきん)です。 腸腰筋は座り過ぎやパソコン仕事などで凝り固まってしまいます。
腸腰筋を弛める事によって、前傾している骨盤が正常な状態に戻り、肩や首への負荷も軽減してきます。腰を弛めておくと指や手といった患部の血流も良くなり回復のスピードが早まります。
手や指と腰は全く関係なさそうに思われますが、人体の構造としては非常に密接につながっているといえます。

腱鞘炎を防ぐ、生活習慣のアドバイス

スマホの使い過ぎやPCの使い過ぎ、スポーツによって腕や肘の使い過ぎなどに関しては、他院でも控えるようにアドバイスを受けると思います。
小石川整骨院では、患部以外の事もアドバイスします。
すでにご説明したように、血流を良くするために重要な部位は腸腰筋です。30分に一度は立って腰の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)の縮こまりをリセットする事や、パソコンとの位置関係など患者さんの状況を伺ってアドバイスさせていただいています。

腱鞘炎に効くストレッチ

症状があらわれている手首などのストレッチ方法といっしょに、腸腰筋のストレッチ方法などをご説明しています。患者さんの職場やご家庭の環境でも実施しやすい簡単で効果的なものです。
施術と併せてストレッチを行っていただく事で早く治りますし、何よりも再発しにくい身体が出来上がります。

この記事を書いたのは
嶋 秀和

自らの格闘技経験や怪我を通して身体の構造の研究を行いながら、数多くの治療の勉強会に参加。常に新しい可能性を見つけ進化をつづける独自の治療法を実践している。

腱鞘炎の患者さんの体験談

手・腕・指
どこに行っても治らなかった指も徐々に回復してきました!
Y.Y様 50代女性