東京都文京区の整体院、接骨院、カイロプラクティック

テニス肘(外側上顆炎)とは?

テニス肘(外側上顆炎)とは?

テニス肘とは、肘の外側上顆といわれる指・手関節を伸展する前腕の伸筋腱群とつながっている部位が炎症で痛む症状です。外側上顆に痛みを発するので、正式名称は外側上顆炎といいます。
テニスプレイヤーによく起きる症状なのでテニス肘と呼ばれていますが、日常生活が原因となり痛みが発生することも多々あります。

テニス肘を起こす2つの原因

テニス肘の原因とは?

テニス肘の原因の1つが使い過ぎ(オーバーユース)です。同じ動作を繰り返し行っていると、腱はストレスを受けて疲労していき炎症が発生します。反復動作が原因となるので、テニス以外の日常生活でも痛みが発生する原因となります。

テニス肘を起こす日常の動作

  • アイロンをかける際に同じ方向に何度も肘を曲げている
  • 買い物袋を持つ時に、肘を曲げた状態を維持している
  • 中華鍋など、重い鍋をふる事が頻繁にある

また、もう1 つの大きな原因が「筋肉の柔軟性が低下した状態でのプレー」です。筋肉の柔軟性が低下した状態でのプレーは、ダメージが蓄積し易くなります。
よく言われる原因に加齢とありますが、筋肉の柔軟性が保たれていればテニス肘は発症しません。つまり、年を重ねたからといってテニス肘が起きるわけではなく、筋肉の柔軟性が低下するとテニス肘が起こり易くなるのです。

テニス上級者はテニス肘になりにくい!?

テニス肘とスイートスポットでの衝撃テニスの上級者はプレー回数が多く、オーバーユースし易い状態にあります。しかし、上級者ほどテニス肘になりにくいと言われています。その主な理由が、力みがなく、スイートスポットで球をとらえられている事です。スイートスポットに上手くとらえる事ができると、力を入れずともボールは勢いよく飛んでいきます。
上級者はスウィングの回数は多いかもしれませんが、適切な力でスイートスポットへ当てているため、1 回1 回の肘へのダメージが少ないのです。逆に、テニス初中級者はスウィングの際に必要以上の力が入っていたり、スイートスポットで球を打てていない事から、肘へのダメージが蓄積してしまうのです。
しかし、上級者でも筋肉の柔軟性が低下した状態でプレーを続けるとテニス肘を発症してしまいます。長くプレーを続けるには筋肉の柔軟性を保つ身体のメンテナンスが重要になります。

安静にしていてもテニス肘が治らない理由

テニス肘は炎症が発生している状態なので、まずは肘を使わずに安静にしているのが重要になります。その上でストレッチを行うのが一般的です。
いわば、治るのを待つ状態ですが、人によって治り方のスピードが異なります。治りが良い人と悪い人の違いを生むのは、身体全体の血流です。

テニス肘の回復のスピードを左右する全身の血流

テニス肘を患っていて、安静にしているのになかなか治らないという患者さんは、腰にも痛みを感じているケースが多くあります。
全身の血流を左右する重要な部位は、腰の一番奥の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)です。腸腰筋が縮んで緊張していると、全身の血流が悪化してテニス肘の治りも遅くなります。
腸腰筋の縮こまりが引き起こす、全身への影響を解説します。

骨盤前傾のメカニズムとテニス肘の関係性

  • 1.デスクワークなどの「座り過ぎ」の生活習慣が、腰の一番奥の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)の縮みこみを生みます
  • 2.腸腰筋が縮む事によって、前方への力を発生させます。
  • 3.人の身体はバランスを保つようにできています。前かがみの力に逆らって後ろに引き戻そうとします。この時に、脊柱起立筋が全力で後ろに引き戻そうとするので腰が疲労し、腰痛を発生させます。
  • 4.前方への力によって、太ももの筋肉=大腿四頭筋(だいたいしとうきん)に過負荷がかかり、骨盤が前傾します。いわゆる骨盤の歪みです。
  • 5.同じく前方の力により、背中が丸まり、首が前方に突き出してきます。症状としてはそれぞれ、猫背・ストレートネックです。
  • 6.首が前方に突き出しや、背中が丸まる事により肩により大きな負荷がかかり肩こりを発生させます。

上記の状態の総称を「反り腰」といいます。
全ては生活習慣によって縮まってしまった腸腰筋が一番はじめのきっかけとなります。

テニス肘の回復を遅らせる睡眠姿勢

腸腰筋が縮まる事でもう1つの弊害があります。それは睡眠による回復機能が鈍る事です。
肩こりの自覚症状をお持ちならば、仰向けの姿勢で寝ると、背中が浮いていませんか?これは腸腰筋が緊張している事によって背中とベッドなどの間に隙間ができている状態です。

隙間ができている状態では、痛みが出るので仰向けで寝る事が困難になってきます。 仰向けの姿勢で寝る事ができると、血流が阻害されず回復力は最高の状態になりますが、横向きだと座っている状態と同じになり、腸腰筋の緊張を助長する事になり、全身の血流が悪化します。 また、横向きの寝姿勢は肘、肩が体重で押しつぶされている状態で患部の血流がダイレクトに悪化してしまいます。

「腰痛の際には、横向きでクッションを挟んで寝てください」そんなアドバイスを受けた事がある方も多いかもしれません。小石川整骨院でもそのようにアドバイスしていますが、あくまでも「腰痛の時だけ」です。 激しい腰痛で腰が浮いる時に横向きで眠るのはしょうがないですが、腸腰筋の縮こまりを助長しますので、治療を受けて仰向けで眠れるようにしましょう。

他院で治らなかった患者さんの特徴

  • デスクワークで一日中座っている事が多い
  • 腰への施術を受けなかった
  • 手首へのストレッチ指導しか受けなかった

小石川整骨院の治療法

小石川整骨院では、痛みが出ている部分だけを施術する事はありません。なぜなら、痛みが出ている部位は原因ではなく、結果であることがほとんどだからです。
根本原因を解決しないと痛みは消え去りません。
小石川整骨院では、根本原因となる部位への施術と生活習慣のアドバイスを通して、根本治療を行います。

テニス肘の根本原因となる部位の特定と施術

テニス肘であれば、手首や肘への施術だけではなかなか完治しません。肘の痛みの元をたどって施術を行う事で早く治り、良い状態が続きます。
テニス肘を治す上で重要なのは、手首や肘と近い首、そして全身の血流を左右する腰の一番奥の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)です。
腸腰筋を弛める事によって、前傾している骨盤が正常な状態に戻り、肩や首への負荷も軽減してきます。腰を弛めた後に、手首や首といった痛みを発している部位に直接影響する部位への施術を行う事によって回復が劇的に高まります。

テニス肘を治す、生活習慣のアドバイス

腸腰筋が縮んでいる患者さんはデスクワークの方が圧倒的です。
同じ姿勢のままでずっと仕事をすることによって腰に張りやコリの症状がでてきます。
30分に一度は立って腰の筋肉=腸腰筋(ちょうようきん)の縮こまりをリセットする事や、パソコンとの位置関係など患者さんの状況を伺ってアドバイスさせていただいています。

テニス肘に効くストレッチ

患部に直接効く、手首や首のストレッチを合わせて、腸腰筋を弛めるためのストレッチをお伝えしています。テニス肘の治すためには、腸腰筋の縮こまりを弛める事が何よりです。
施術と併せてストレッチを行っていただく事で早く治りますし、何よりも再発しにくい身体が出来上がります。

この記事を書いたのは
嶋 秀和

自らの格闘技経験や怪我を通して身体の構造の研究を行いながら、数多くの治療の勉強会に参加。常に新しい可能性を見つけ進化をつづける独自の治療法を実践している。