東京都文京区の整体院、接骨院、カイロプラクティック

間違いだらけの産後骨盤矯正

育児

「妊娠前の体型に戻したい!」と願うママさんや、産後の不調に悩むママさんに向けに「産後骨盤矯正ですっきり痩せ」「不調の原因は骨盤の歪み」「骨盤をケアしてむくみ予防」というメッセージを含んだ広告をよく見かけます。

しかし、間違った情報が多くあるので注意が必要です。

美や健康と関連づけて語られることが多い「骨盤」ですが、ブームにのって何でも骨盤と結び付けて語られるようになり、体調が悪ければ骨盤が歪んでいるという診断を根拠なく行う整骨院すらあります。

実際には、産後のダイエットや体のケアで本当に大事なことは骨盤とは関係ありません。もっと本質的で大事なことがあります。

当院は重度の腰痛や体調不良を専門にしている整骨院です。特徴は施術の痛みが全くなく、しかも治療効果が高いことです。

そのため、妊娠後期の妊婦さんにも安心して治療を受けていただけますし、出産後にも産後ケアのためにそのまま通院いただく方がほとんどです。

このページでは、今までの治療経験をもとに産後のダイエットや体のケアで大事なことをお伝えします。

骨盤は歪んだり、開いたままになったりするの?

骨盤は歪むのか?

来院される患者さんの中には「骨盤が歪んでいる」と他院で診断を受けたという方が数多くいます。

しかし、骨盤が前後に傾いて腰痛などの原因になることはあっても、骨盤が「歪む」ことや「ねじれ」ることはありません。

骨盤とは読んで字のごとく「骨」です。

硬い骨が歪むことは考えにくいですよね。また、靭帯で固定されているので、骨盤は強固に固定されているといえます。

このような事実がありながらも、「骨盤矯正」という言葉が流行り・定着しているので残念ながら、多くの整骨院や整体院は根拠なく骨盤は「歪む」と主張しているのが現実です。

大学病院の産婦人科で「産後骨盤矯正」について語られているのを聞いたことがありますか?

産婦人科の診察風景

医学用語として「骨盤矯正」という言葉はありません。

そのため、大学病院の産婦人科で「産後骨盤矯正」という言葉を聞くことはないはずです。

「矯正」という言葉は骨折などで正常な状態から逸脱した関節を治すという意味の言葉です。骨盤は「歪む」ことはないので「矯正」という言葉も正しくはないのです。

骨盤矯正グッズは意味がないの?

「骨盤矯正」という言葉が広く世間に認知されているので骨盤に関するグッズは数多く発売されています。これらのグッズのすべてが意味がないわけではありません。

それは、解釈を「骨盤矯正」ではなく「姿勢の補助」に変えた場合です。

椅子の上において骨盤ケアをすると謳っているグッズがあるとします。その場合、姿勢を正しく保ち易くなるのであればそのグッズは問題ないと思います。

ただし、「歪んだ骨盤を治す」・・・と言われると医学的には違和感を感じてしまいます。そもそも骨盤は「歪む」ことはないのでそれを治すのも変なのです。

骨盤の歪み、ご自身で気付けますか?

数多く見かける「骨盤矯正」に関する雑誌やネットの記事。整体・整骨院での「骨盤が歪んでいる」という診断。

いろんなメディアや整骨院が「骨盤矯正」というメッセージを発信し、骨盤矯正グッズも数多くある中では、それを信じてしまうのは無理もありません。

そのためか、「骨盤の歪みがあるから治して欲しい」という患者さんからの依頼がよくあります。

しかし、どのような時に「骨盤の歪み」を感じるのか患者さんに質問をすると、だいたい頂く回答はこの2つです。

「骨盤矯正の記事を読んで自分に当てはまるから」
「“骨盤が歪んでいる”とほかの整骨院でいわれたから」

どちらもご自身で「歪み」を感じているわけではなく、情報を受け取って「歪んでいるように感じている」だけなのです。

実際には、歪みに気づくことはできません。なぜならば、歪んでいないからです。

美容や健康に本当に必要なのは、赤ちゃんのお世話で硬くなりがちな筋肉を柔らかくすること

運動量がガクンと落ちて肥満のきっかになるのが、ギックリ腰や肩こりなど体の不調です。体が快調であれば、運動も日常生活もアクティブにできますが、体に痛みがあるとそうもいきません。

また、体に不調がある中で赤ちゃんのお世話をするのは大変に辛いものです。

骨盤矯正というマヤカシのものではなく、深層の筋肉を緩められる施術を受けるのがダイエットや美容には効果的です。

変わる事がないダイエットの秘訣

様々なダイエットがあり、どれが正しいとはいえません。運動が苦手な方もいれば、絶対に美味しいものを食べたい方もいて、ひとりひとり、やり易いものがあるからです。

しかし、適度な運動と食事の制限はダイエットにおいて変わる事がない成功法則です。

そして、筋肉の柔軟性があり、血流が良いという事は代謝が上がるのでダイエットをする上では間違いなく効果的であるといえます。腰痛や肩コリがなければ、体が軽く動ける状態ですが、コリ固まっているとそうもいきません。

産後は赤ちゃんのお世話で筋肉が硬くなりがち

赤ちゃんのお世話と肩こり・腰痛

産後は赤ちゃんのお世話で大変忙しい時間を過ごします。 そして、お世話する過程で、ママさんは体を固くする動作や体勢をとりがちです。

仕事で座りっぱなしの時や飛行機に乗った時に腰が硬くなりますよね。 同じ姿勢のままでいると、人の体は硬くなってしまうのです。

例えば、赤ちゃんの抱っこです。

頭を抱えたまま赤ちゃんが眠りについたら、そのままの体勢を維持しがちです。 赤ちゃんの頭を抱えたままだと手首が腱鞘炎になりやすくなりますし、座りっぱなしになるので腰の筋肉も硬くなります。

そして、生後6ヶ月くらいからはじまる離乳食。

右利きのママは、子供の右側に座り右手でゴハンを口に運びます。 その際に左腰に持続的に力が入ることによって、左側の腰が硬くなり腰痛が発症します。

また、腰の筋肉の固さに左右差が生じると、歩行時に骨盤の動きにも左右差が出るのでスカートが一方向に回転します。

雑誌や整体院での『骨盤のゆがみチェック項目』の中にはこの「スカートが一方向に回転する」が含まれていることがありますが、実際には「骨盤の歪み」ではなく、腰の筋肉が硬くなることによって、骨盤の動きに違いが出ているためです。

このように、赤ちゃんのお世話をしていると、知らず知らずのうちに体が硬くなっていってしまいがちです。

産後のママさんにとって、筋肉が柔らかいと起こる5つの良いこと

産後の美容と健康

筋肉が柔らかい状態を維持できると、肩コリや腰痛がなくなるだけではなく、美容や健康に思わぬ効果が感じられます。

1.ぐっすり眠れるようになる

赤ちゃんの夜泣きで睡眠時間が確保しにくい時期は、短時間でもぐっすり眠ることがとても重要です。

腰痛がなくなると、背中がべったりとベッドや床についてぐっすり眠ることができ体力を回復することができます。

また、ぐっすりと眠れると血行も良くなるので疲労回復だけでなく美容やダイエットにも絶大な効果があります。

2.冷え性が緩和する

筋肉が柔らかいと血流が良くなります。

筋肉のポンプ作用で体の隅々まで血が送られるようになるので、冷え性でお困りの方も症状が緩和されるのがわかるようになります。

3.肌がきれいになる

血流は肌の状態にも関係します。血流が悪いと、老廃物が流されずシミやシワの原因にもなります。

血流が良い状態を保てると、老廃物も流されて肌の健康も保たれます。

4.むくみが解消される

コリ固まった筋肉がリンパ管を圧迫すると、余計な水分が溜まり、「むくみ」が起きます。

しかし、筋肉が柔らかくなるとリンパ液の流れが良くなるので、「むくみ」が起きにくくなります。

5.肩コリ・腰痛から解放されて、赤ちゃんのお世話が快適にできる

ママさんが健康だからこそ、赤ちゃんもしっかりと育てることができます。

赤ちゃんのお世話は本当に大変だと思います。肩コリや腰痛を抱えながらの赤ちゃんのお世話はなおさらです。

痛みや不調から解放されて、しっかりと赤ちゃんに向き合えるのが何より大事なことだと、当院では考えています。

ママさんの美容・健康は赤ちゃんの健全な成長はつながっています

ママの健康と赤ちゃんの健やかな成長

小さい赤ちゃんのいるママさんの場合は、日常生活でいまだかつてないほどの体へ負担がかかります。このため、赤ちゃんが生まれる前には腰痛や腱鞘炎、肩コリに悩まされたことがない方も、体の不調に悩むようになることが多々あります。

健康は美容にもダイエットにもつながりますし、ママさんが健康であることは、何よりも赤ちゃんの健やかな成長につながります。

産後に体の不調が感じられた場合は、ぜひ赤ちゃん連れでお越しください。 施術室にはバウンサーが完備されているので安心です。

小石川整骨院が行う施術の特徴 の特徴

小石川整骨院のスタッフ

当院は開業以来、数多くの妊婦さんへの施術を行ってきた実績があります。施術の特徴は大きく2つあります。1つは痛みが全くない優しい施術であること、もう1つはうつ伏せにならなくても施術が受けられることです。

痛みが全くない、優しい施術

当院の治療法は整体術、カイロプラクティックや生理学、テーピング理論などの研究を重ねて開発した独自のものです。その施術は痛みが全く無く優しい刺激なのにしっかり効くのが特徴です。強い刺激がないので妊婦さんでも問題なく施術を行うことが出来ます。強くマッサージする事と筋肉の緩みは全く関係がありません。逆に強い刺激は筋肉を固くしてしまうので逆効果です。

妊婦さんでも安心!うつ伏せにならなくてもできる腰痛治療

お腹が大きくなってくると、うつ伏せで圧迫感を感じるようになってきます。その場合にはうつ伏せでの施術は行いません。 うつ伏せにならずに施術ができるのは、腰への刺激を与えなくても腰痛の原因となっている腸腰筋を緩める事ができるからです。そして、うつ伏せでの施術を行わないからといって効果が下がる事は一切ありません。お身体の状況に合わせた、楽な姿勢で施術を受ける事が出来ます。

産後のママさんからよくあるご質問

Qいろいろなところに通っても骨盤の歪みが治っていない気がします。治せますか?
A骨盤は歪まないので、安心してもらって大丈夫です。体の不調があってそうお考えなら、原因となる筋肉を緩めることで治ります。
Q育児で肩コリに悩まされています。通院したいのですが、赤ちゃんが一緒でも大丈夫ですか?
A安心してお越しください。バウンサーも用意していますので、赤ちゃんと同じ部屋で施術を受けていただくことができます。

まとめ

  • 骨盤は前後に傾いて腰痛の原因になることはあっても、歪むことはありません。
  • 産後は赤ちゃんのお世話で筋肉が硬くなりがち。筋肉が硬くなると肩コリや腰痛の原因に。
  • 筋肉が硬くなりギックリ腰や肩コリなどが起きると、運動量が減り肥満の原因にも。
  • 筋肉が柔らかいと、腰痛や肩コリががなくなるだけでなく、美容や健康に良い効果がたくさんある。
この記事を書いたのは
嶋 秀和

自らの格闘技経験や怪我を通して身体の構造の研究を行いながら、数多くの治療の勉強会に参加。常に新しい可能性を見つけ進化をつづける独自の治療法を実践している。

妊娠中の患者さんの体験談

妊婦腰痛・ぎっくり腰背中の痛み
施術は優しく痛みがないから妊娠中でも安心して受ける事ができた
M.T様 30代女性
メンテナンス通院頻度:1~2週間に1度