東京都文京区の整体院、接骨院、カイロプラクティック

はじめに

眠れないほどの腰痛

妊娠と腰痛がセットで扱われている記事をよく目にします。あたかも、妊娠が直接的に腰痛を生み出しているように語られていることが多いのですが、実際は違います。

妊娠と腰痛に直接の関係性はありません。ただ単に、お腹に赤ちゃんがいると腰痛になりやすい行動を取り易くなるだけなのです。

その行動に気をつければ腰痛を予防することが出来ます。このページでは、妊娠にまつわる腰痛の原因とその対処方についてわかりやすく解説します。

妊娠中に腰痛が起こりやすい3つの理由

腰痛とは?

妊婦中も妊娠する前も腰痛になる原因はほとんど同じです。どちらの場合も腰痛が起こる原因は腸腰筋(ちょうようきん)の縮み込みです。腸腰筋が縮み込むと前傾姿勢になるため、それを後ろに引き戻そうとして背中の脊柱起立筋が疲労し、腰痛につながります。

腸腰筋の縮み込みを起こしやすい行動としては、主に以下の3つのものがあげられます。

理由-1.横向きの寝姿勢による血流の悪化

本来の正しい寝姿勢は仰向けですが、妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、息苦しさや圧迫感が強くなるので横向きで寝る割合が増えていきます。

横向きで寝てから起きると肩のあたりを中心に血流が滞っている感じがしたり脚のむくみが気になりませんか?横向きの寝姿勢は血液とリンパ液の循環の悪化を引き起こします。また、横になって丸まって寝るので腸腰筋も縮み込みます。

理由-2.お腹の赤ちゃんの重みによる前傾姿勢

お腹に赤ちゃんがいるので、重みで腰椎の前傾が強くなります。前傾になるという事は腸腰筋が縮み込むという事です。腸腰筋が縮み込むと後ろに引き戻そうとして背中の脊柱起立筋が疲労して腰痛が起きます。

理由-3.運動不足による血流の悪化

妊娠すると通常時よりもどうしても運動が少なくなりがちです。 適度な運動を行わないと血流が悪化します。

例えば、横向きで寝る習慣のある方は妊娠前でも横向きで寝ていますし、お腹に赤ちゃんがいなくてもヒールを履いていれば前傾姿勢になってしまいます。運動不足はいわずもがなです。このように妊娠中でも妊娠前でも腰痛を引き起こす原因は同じですが、お腹に赤ちゃんがいることで、腰痛の元になる行動を取りやすくなってしまいます。

妊娠中の腰痛解消法

妊娠中に腰痛が発生する原因が妊娠前でも同じなので、自分でできる対処方法もストレッチ、運動など基本は同じです。ただし、妊婦さんの場合には注意点が1つだけあります。それは「体調が悪化したらすぐに止める」こと。これだけ守ればOKです。自分の身体と相談しながら無理なく軽い運動から始めるのがよいでしょう。

運動不足を解消するウォーキング

眠れないほどの腰痛

安心安全な運動で一番おすすめなのが、ウォーキングです。運動経験がなくても出来ますし体調と相談しながら続けやすいのが特徴です。かつ、思いついたらすぐに出来ますしコストもかかりません。何の運動をしようか迷ったらウォーキングをしましょう。血行がよくなって筋肉のコリが解消されます。

腰に優しい腹筋運動

プランクなどの体幹トレーニングでもいいのですが、腰が固くなっていると余計に痛みが出てしまう可能性があります。そこでおすすめしたいのが、腰に優しい腹筋運動です。この腹筋運動は腰が固い方にもおすすめです。腹斜筋という腹筋の横の部分が鍛えれれますので、じっくり鍛えると筋肉でできた天然のコルセットを手に入れることが出来ます。

腰に優しい腹筋運動の流れ
  1. 両膝を立てて仰向けになります
  2. 左手を右太腿の外側を這わせるようにして、上半身を起き上がらせます
  3. 上半身を床に戻し、反対側の運動を行います

腰痛解消ストレッチの王様・腸腰筋のストレッチ

腰痛は腸腰筋の縮み込みが原因なので、最もおすすめするストレッチは腸腰筋を緩めるものになります。 腰痛の症状が重たい患者さんが腸腰筋のストレッチを行うと、お腹の奥の筋肉が裂けていくような感じがすると言われます。その感じの正体こそが、「腸腰筋の縮み込み」なのです。 縮み込んだ筋肉を伸ばそうとするので、裂けるような感覚がするはずです。(裂けるような感覚というと恐ろしいイメージを持たれるかもしれませんが、痛みはありません。)

腰痛が改善していくと、裂けるような感覚はなくなり単純に伸びて気持ち良い感覚になります。やり方は簡単です。

腸腰筋ストレッチの流れ
  1. 椅子など、片脚を乗せられるものを用意してください
  2. 乗せた脚と逆側の腸腰筋が伸びるように身体を少し前方に出し、反らせます
  3. 身体を反らせたまま20秒ほど伸ばします

妊娠中におすすめの腰痛解消グッズはありません!

妊婦さん用の腰痛解消グッズが売られていますが、当院ではそういったグッズはおすすめしておりません。理由は腰痛を悪化させてしまうからです。この点に関しても、妊婦さんだけに特別なものはありません。妊娠していない方も同様です。 妊婦さん用の骨盤ベルトや腰痛ベルトはしている時は体幹が安定しますし、腰痛も楽になりますが常時使用していると筋肉が弱ってきてしまいます。筋肉が衰えると、支える土台が崩れるようなものなので腰痛は悪化します。また、筋肉が衰えるので老けて見えますし、代謝も悪くなるので太りやすくなります。まさに悪いことだらけです。

しかし、動けないぐらい辛い場合には、トコちゃんベルトを一時的に利用することをおすすめしています。

腰痛対策グッズを何も付けずに運動ができるのが一番ですが、それがきつい場合には早期に施術を受けて腰痛を解消しましょう。

小石川整骨院が行う妊婦さんへの施術 の特徴

眠れないほどの腰痛

当院は開業以来、数多くの妊婦さんへの施術を行ってきた実績があります。施術の特徴は大きく2つあります。1つは痛みが全くない優しい施術であること、もう1つはうつ伏せにならなくても施術が受けられることです。

痛みが全くない優しい施術

当院の治療法は整体術、カイロプラクティックや生理学、テーピング理論などの研究を重ねて開発した独自のものです。その施術は痛みが全く無く優しい刺激なのにしっかり効くのが特徴です。強い刺激がないので妊婦さんでも問題なく施術を行うことが出来ます。強くマッサージする事と筋肉の緩みは全く関係がありません。逆に強い刺激は筋肉を固くしてしまうので逆効果です。

お腹が大きくなっても安心!うつ伏せにならなくてもできる腰痛治療

お腹が大きくなってくると、うつ伏せで圧迫感を感じるようになってきます。その場合にはうつ伏せでの施術は行いません。 うつ伏せにならずに施術ができるのは、腰への刺激を与えなくても腰痛の原因となっている腸腰筋を緩める事ができるからです。そして、うつ伏せでの施術を行わないからといって効果が下がる事は一切ありません。お身体の状況に合わせた、楽な姿勢で施術を受ける事が出来ます。

妊婦さんからよくあるご質問

Q妊娠していますが施術はいつまで受けられますか?
A出産直前まで受けられます。もちろんうつ伏せの施術はありません。歩いてる時に体に加わる程度の優しい刺激の整体なのでご安心ください。

まとめ

  • 妊娠中でも妊娠前でも腰痛を引き起こす原因は同じ
  • 妊娠中は腰痛を引き起こす行動をとりがち。意識して予防する
  • 運動はウォーキングがおすすめ。体調が悪化したらすぐに止める
  • コルセットは筋肉が弱るので長期間利用しない。
この記事を書いたのは
嶋 秀和

自らの格闘技経験や怪我を通して身体の構造の研究を行いながら、数多くの治療の勉強会に参加。常に新しい可能性を見つけ進化をつづける独自の治療法を実践している。

妊娠中の患者さんの体験談

妊婦腰痛・ぎっくり腰背中の痛み
施術は優しく痛みがないから妊娠中でも安心して受ける事ができた
M.T様 30代女性
メンテナンス通院頻度:1~2週間に1度